Wide thumbnail 5ebf7f12 8287 4090 bfae b073d21b4bc7

少なくともストレスを感じる職種だから、自分を守るためにすぐ実践したい3つのこと

私たちが生きる現在の社会にはストレスを抱えた人で溢れており、いつどんなことにストレスを感じるかわかりません。そのストレスをほったらかしにしていると私たちに悪影響が及びます。ここではそんなストレス社会を生き抜く上で実践したいことをご紹介します。

by CALEER編集部

2017.03.28

ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。

あなたはストレスを感じていますか?

ストレスは感じやすい人・感じにくい人・溜まっていても気づかない人などストレスの感じ方は様々です。

しかし、今は感じていなくても少し状況が変わるだけでストレスの溢れた生活になってしまう社会です。この忙しい社会の中でストレスにいつ襲われるかわからない危機感を持っておきましょう。

ストレスマネジメントでストレス社会を生き抜く!

ストレス社会を生き抜くには、ストレスと上手に付き合って自分のエネルギーをコントロールするストレスマネジメント能力が鍵になってきます。

ストレスマネジメントについて、詳しくは『現代社会に生きるために必要なスキル、ストレスマネジメント』をご覧ください。

いかにストレスから身を守るか、ストレスを感じたときにはストレスをマネジメントするのです。上手にストレスに向き合っていく中で中心となり、すぐに実践できるものを3つご紹介します。

自分にとってのストレスの原因を知る

そもそも、ストレスの原因になっていることを解消することはエネルギーを減少させるストレスをなくすということであるので非常に有効です。

ストレスを解決するには自分にとってのストレスはどのようなものでそれは何が原因で起こってしまうのかなど、しっかりと自分とストレスの関係について目を向けてみましょう。

自分に悪影響であることがわかると、今後同じことが自分の身に降りかかったときに上手な対処ができるようになります。自分にとってのストレスの源をしっかりと認識し、向き合い、解消していくことが重要です。

「ストレスを避ける、避けられなくてもすぐに対処することができる」この力がストレス社会で生活する中で生きてくることは間違いありません。

人と会ってたくさん話す

「ストレスを抱えていて、自分ではどうしたらいいかわからない」そんな時は家族や友人など身近な人に相談してみましょう。

他の人のエネルギーを使い、一緒に解決に向けて考えてもらえればエネルギーの消耗を抑えられ、ただ話を聞いてくれるだけでもストレスの解消につながります。ストレス社会で生きる中、家族や友人といった気心の知れた人がいることは非常に大切であり、ストレスの解消に大きな助けとなってくれます。

さらに、人のストレスに関する話を聞くことで得られる新しいストレスの可能性やそれらの対処法なども学ぶことができるため、人に会ってたくさん色々な話をするということは、楽しみながらできるストレスと付き合う1つの形でもあるのです。

ひとりではどうしようもない、もやもやするときには人と会って話してみましょう。

Related article 44afbdd331baafe3556a01d53a4570ebfef78a8c449c1dfd12a8d6a7a318dbeb
内容を編集部に報告する