Wide thumbnail a34b4ed1 0747 41d1 bf29 d5fe03b350df

ストレスフルな対応が多いなら意識してみて!ストレスを引き起こす原因とは?

ストレスは現在私たちが生きる社会の中で感じずにはいられないものとなっています。そしてそのストレスにはたくさんの原因があり、ストレスを感じないためにはそれらを避けたり解決する必要があります。ここでは、そのストレスの原因となるものの中でも日常的に起こりやすいものと対処法についてご紹介します。

by CALEER編集部

2017.03.09

ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。

ストレスの定義とは?

広辞苑では、医学用語として『種々の外部刺激が負担として働くとき、心身に生ずる機能変化。ストレスの原因となる要素(ストレッサー)は寒暑・騒音・化学物質など物理化学的なもの、飢餓・感染・過労・睡眠不足など生物学的なもの、精神緊張・不安・恐怖・興奮など社会的なものなど多様である。』と解説してあります。

ここに書いてあるだけでも多そうですが、実際はもっと多くもっと複雑です。日常生活でストレスだと感じやすそうなものについて見ていきましょう。

身の回りによくないことが起きる

身内の不幸があった、身内が病気になった、自分がケガをした、離婚をしたなど自分自身や身の回りによくないことが起きた時にはとても大きなストレスがかかります。

さらにこれらのストレスは大きなストレスがかかった状態が長引くことが多いため、ストレスの要因としては非常に大きいです。

これらのストレスを解消するには、しっかりと現実と向き合い理解することで、起きた原因を受け入れることができるのでかかるストレスが小さくなります。また、現象が起きたことによる先々の不安要素を取り除く努力をするといいでしょう。

職場における人間関係問題

職場では常に様々な人間関係でのストレスの原因が起きます。

上司・同僚・後輩との不仲によって、自分自身に様々な悩みが起きます。毎日職場で顔を合わせる人たちとの人間関係の悪化は慢性的なストレスの原因であり、生活の中で気を抜ける瞬間がなくなってしまいます。これもストレスの原因となってしまいます。

職場での人間関係がどうしても上手くいかず、ストレスが取り除けない状況にあるときは我慢せず、そのことを上司などに相談してください。

会社や仕事より自身の健康を大切にしてください。あなたの健康が侵され、働けなくなってしまった場合は結果的に会社やまわりの人に迷惑がかかってしまうのです。

多くの日本人は『NOと言えない日本人』であるため、我慢をしがちで急に体調不良で会社に来れなくなる人が多いのです。
自分の気持ちを不登校という「態度」で表すのではなく、まずは「言葉」でまわりの人に伝えてあげてください。

Related article 44afbdd331baafe3556a01d53a4570ebfef78a8c449c1dfd12a8d6a7a318dbeb
内容を編集部に報告する