Wide thumbnail f2224e50 1516 4c47 9133 f62ec0a29cbc

暖かくなってきたので走ろうかな。ランニングの消費カロリーと効果とは?

ランニングは非常にダイエットに効果的です。ウォーキングをするよりも、ランニングのほうが消費カロリーを上げやすく、ダイエット効果ははるかに高いです。今回は、こういったランニングの消費カロリーとダイエット効果について、くわしく解説していきます。

by CALEER編集部

2017.03.16

ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。

ランニングは消費カロリーが高くダイエットにおすすめ

ランニングは消費カロリーが高いので、非常にダイエットにおすすめです。

ランニングの消費カロリーについては、簡単な式によって求められるので覚えておきましょう。

『自分の体重(kg)×距離(km)=消費カロリー(kcal)』

これがランニングの消費カロリーを求める式になります。
たとえば、体重60kgの人が5kmランニングをしたら、300kcalを消費できるということです。 このように、非常に運動効率がいいことがランニングの特徴になっています。

さらに、ランニングの持つダイエット効果を最大限引き出すコツについては『効果的なランニングダイエットとは!?』で詳しく紹介していますので、ご覧ください。

ランニングはウォーキングよりも多くのカロリーを消費できる

仕事や家事、趣味などで忙しくて、なかなかダイエットに避ける時間がないという人は多いです。

特にそういった方におすすめなのが、ランニングによるダイエットです。よく夜に公園や近所を腕をがんばって振って歩いている中高年の女性がいらっしゃいます。ただ、こういった方でやせていてナイスボディーな人は正直あまりいないことは事実です。

しかしその一方で、同じような年代の女性でも非常に女性的な体つきで綺麗なプロポーションをしている方がいます。こういった方はウォーキングではなくてランニングをしているという特徴があるのです。

ランニングは非常に短い時間でたくさんのカロリーを消費でき、ウォーキングよりもはるかにダイエット効率がいいためです。

ランニングとウォーキングの消費カロリーの違い

たとえば、ウォーキングは30分一生懸命歩いても2km程度であるため、消費カロリーとしては100kcal程度です。これは1枚の何ものっていない何もつけていないトーストよりも少ないカロリー消費です。

一方で、ランニングは30分走れば倍の4kmになります。すると消費カロリーも倍になります。1日30分の運動の時点で倍の効果があるわけですから、それを繰り返していけば、身体に重大な違いが生まれてくるのはいうまでもありません。

ウォーキングをしていてもなかなかダイエット効果が得られない、という方はぜひランニングを試してみましょう。そうすることによって、日の消費カロリーが増えてやせやすい身体になります。

Related article 44afbdd331baafe3556a01d53a4570ebfef78a8c449c1dfd12a8d6a7a318dbeb
内容を編集部に報告する