Wide thumbnail 0ba1cc9a 4437 4064 a046 7f375eff24e4

”イエナカ”をもっと楽しくあったかくする!ルームシューズをどう選ぶ?

寒い冬。フローリングの床は冷たく裸足ではとても歩けなくなります。冷えは足元からくるので、まず温めておきたい足首から下。あったかルームシューズでポカポカさせませんか?冬だからこそ、お気に入りのルームシューズを履いて楽しく過ごしましょう。

by CALEER編集部

2017.01.06

ブログで紹介
HTMLコードをコピーしてブログに貼り付けてください。

素材で選ぶ

ルームシューズは、素材で選ぶと絞りやすくなります。あたたか素材であるボアや天然羊毛、フリースなど冬になるといろいろなルームシューズが出てくるのでまずはどの素材にするか検討しましょう。

<冬のルームシューズ素材>

○ボア
羊の毛のようにモコモコした素材で足が包まれるためあたたかいが、長く履いてボアが潰れてしまうとあたたかさが半減してしまうデメリットも。

○天然羊毛(ウール)
毛糸なども含まれますが、天然ものは柔らかくあたたかいのが特徴です。人工ウールもあり、天然ものより安価で手に入ります。天然もののほうが長く愛用できることが多いようです。

○フリース
冬の大定番となっているフリース地。あたたかいのはもちろん、生地自体が安いので、も手頃な値段のものが多いのが嬉しいところです。

○ベロア
ニットで作られたベロア生地は表面に細かい毛のある生地。あたたかいのでルームシューズに使われていることも多いです。

○マイクロファイバー
化学繊維のなかでも保温力に定評のあるマイクロファイバーのルームシューズもあります。耐久性はあまりないのでワンシーズン使い切りになるものが多いですが、安く手に入るので何色が使い分けたい人にもおすすめです。

形で選ぶ

<冬のルームシューズの形>

○ショートブーツ
足首まで温められるので、足の冷えが気になる人におすすめです。脱ぎ履きが少し面倒になるのが難点ですが、一度履いたらそのあたたかさに病みつきになる人も多い形です。

○モカシン
冬靴の定番アイテムであるモカシンの形をしたスリッパも人気です。家のなかでもオシャレを楽しみたい人にヒットしています。

○おもしろシューズ
動物やキャラクターが立体的についている形のルームシューズも冬ならではといえます。モコモコのうさぎやカエルなどお気に入りの1足を見つけて一緒に過ごすのも楽しそうですね。

○スリッパタイプ
普通のスリッパと同様にさっと脱ぎ履きできる形で、冬素材を使ったものももちろんあります。脱ぎ履きが楽なので、こたつに入って過ごす時間が長い人やラグの上では脱ぎたい人におすすめです。

 冬のルームシューズは他の季節よりも形に特徴のあるものが多く、なかにはぬいぐるみのようなカワイイものもあります。立体的な耳や顔がついているもの、ブーツのように足首まで温めてくれるものなど、用途や好みに合わせて選べます。

価格で選ぶ

 冬のルームシューズの相場は1,500〜2,000円程度。なかには6,000円を超える上質素材を使ったものもあります。何色も揃えたいときやワンシーズンで履きつぶしてもいいなら、1,000円以下のプチプラアイテムも見つけることはできます。

 他の季節よりも、保温力にこだわったりお気に入りの形のものを選んだりとちょっとお金をかけてもいいかな、と思えるアイテムなので価格はピンキリ。ここまでなら出せるかな、とざっくりでいいので価格を先に決めてから選ぶのも一手です。

ブランドで選ぶ

 毎年、冬のルームシューズを出すブランドから今年の1足を買うのもありですし、ルームウエアメーカーの高価なルームシューズを狙うのもOK!ブランドを絞っておくことで、あれこれ悩まずに即寒さに対応したルームシューズを買うこともできます。

<冬のルームシューズおすすめブランド>
○無印良品
○ユニクロ
○IDEE(イデー)
○L.L.Bean(エルエルビーン)
○BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)
○MAGICFELT(マジックフェルト)

手作りする

 ルームシューズは手作りすることもできます。市販のものではサイズが合わない人や今年は挑戦してみようかな!という人はぜひチャレンジしてみましょう!

<ルームシューズの作り方>

○用意するもの
あたたか素材の生地(内側と外側で素材を変えてもOK)・針・糸・革底(革素材がしっかりしていておすすめです。カット済みのものも販売されています)

○作り方
⑴内底、底、甲の形に合わせてカットします。甲部分は足首までカバーするか否かで形が変わりますが、基本的にUの字または半円に切ります。
⑵内側になる内底と甲部分を縫い合わせます。
⑶外側の底と甲部分を⑵に縫い合わせます。
⑷革底を縫い付けます。目打ちをしておくとスムースです。
⑸周囲に飾りをつけて完成です!

歩いてみてカポカポするようならゴムを縫い付けるとフィットします。

 カワイイものからあたたかさ重視のものまで種類も豊富な冬のルームシューズ選びは、お気に入りを探すだけでもなんだかワクワクしてきますよね。今年はちょっとこだわったルームシューズを履いて、イエナカで楽しんでみませんか?

内容を編集部に報告する